若者の「狩猟離れ」が深刻化、クマ駆除に支障をきたすと猟友会が焦る・・・若者はなんで猟銃持って森に入らないの?


「若者の狩猟離れ」が深刻化 クマ駆除に支障きたす可能性、猟友会は会員確保に奔走中

<記事によると>

人の住む場所でクマが目撃された場合、市町村は各地域の猟友会に駆除依頼をする。会員がクマを射殺することで人間や民家、畑などの被害を食い止める訳だが、その猟友会が今、深刻な人手不足と高齢化に悩んでいる

猟友会は、銃やわな、網などの狩猟免許保持者による団体で、野生鳥獣の駆除や保護に取り組んでいる。環境省の発表では、狩猟免許の取得者数は1976年の約51万8000人をピークに減少傾向にあり、2014年にはおよそ19万4000人と40万人も減っている。高齢化も深刻で、免許取得者のうち半数以上が60代以上。20代はごく僅かだ。

会員の減少と高齢化がこのまま進めば、効果的なクマの駆除が出来なくなる恐れもある。
会員数減少を重く受け止めた猟友会や自治体は、会員獲得に乗り出している。

秋田県は2013年から狩猟免許の試験日を休日に設定し、平日働いている人が受験しやすいようにした。翌2014年からは若者に狩猟の魅力を伝えるための特別フォーラムを実施し、年配の猟友会会員にやりがいを話してもらったり、ジビエ料理の試食を開催したり、社会貢献性の高さをアピールしたという。

以下、全文を読む

<この記事への反応>

警察官がライフルの訓練したほうが早い気はする。

モンハンで満足しちゃう

今の貧しい若者にとって稼げない・危ない・の3ない職業なんてやる訳ないんだよなぁ

国内に10万人も猟銃を所持している人がいるんだね…その割に射殺事件とかそんな見かけないのは相当良識あるんでしょうね。

現状狩猟は趣味の範疇。味方の弾丸掻い潜って命がけで獣を撃ちボランティアとか嫌過ぎる。いずれ、国の機関で行うことになるかもね。


これはさすがに若者じゃなくてもやりたがる人は少なそうだけど報酬が弾むんならいつでも手を貸してやってもいいお?
若者 狩猟離れに関連した画像-03

お前のエイム力じゃワンパンで殺られるだろうなぁw
若者 狩猟離れに関連した画像-04

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする