YouTuberが広告料激減で怪しい方向へ。情報商材を売る為に「儲かってます」アピールする末路


“YouTuber稼業”怪しげな展開へ – 日刊サイゾー 

<記事によると>

YouTubeにおける広告料がどんどん安くなっており、一部の人気YouTuber以外は十分な収入を得られない状況になっているという

今後、自身の成功体験をエサに情報商材を販売するネオヒルズ族と呼ばれる人たちのような商売がどんどん増えていくと予測される

やり口としては、実際にそこまで儲けていなかったとしても、とにかく話を盛ってとんでもなく儲けているとアピールすることで、楽してお金を儲けたいと思う人々を騙すというもの

以下、全文を読む

<この記事への反応>

ふむふむ。
バブル期っぽくなりそうな気は確かにするけど情報商材と異なり、すぐ視聴できる&これまでも膨大な商材(動画)がネットに存在しているため
良質なコンテンツを制作できる人はちゃんと生計を立てて…

そりゃそうだろうなぁ。


やっべっぞ o.O


何やっても胡散臭さはぬぐえないけどな


YouTuber大ピンチwwwwwww
これは明らかにヤバイ方向にいくなwwwww
YouTuber YouTuber ネオヒルズ族に関連した画像-03

YouTuber YouTuber ネオヒルズ族に関連した画像-04

俺もそっちの方向にシフトすれば・・・
YouTuber YouTuber ネオヒルズ族に関連した画像-05
うちみたいなブログの本とか出して誰が読むの?
しょーもない本だしてどうすんの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする