ニンテンドースイッチの有料オンラインサービスの1つに海外勢は唖然!? 「任天堂が任天堂じゃない・・・」

■過去記事
ニンテンドースイッチ、2018年よりオンラインプレイが有料に!1ヶ月300円、1年間2,400円!

ニンテンドースイッチの「クラシックゲームセレクション」は、任天堂がファンの声に耳を傾けていることを証明する非常に稀有な例だ

「任天堂」という言葉は形容詞としても使えます。

ボイスチャットするだけなのにスマホ必須な場合は「そりゃ任天堂だね」で通じますし、『メトロイドプライム4』を出さない場合は「とっても任天堂」で分かり合えます。

しかし任天堂は先日、尋常でない「非・任天堂」的な行動に出たのでした。なんとファンの声に耳を傾けたのです!

記事によると

・有料オンラインサービスについて任天堂が1月に説明した時点では、毎月懐かしいゲームを無料で配信するが「その後の月もプレイしたければ購入してもらうシステムをとる」と言及

・これには「またすごい任天堂な一手だ」と不満の声が噴出、せめてPlayStation Plusフリープレイのように「会員である限りは自由に遊べるべきだ」とする要望が各所で出ていた

そのため任天堂はプラン変更。毎月のリリースをなくし、会員である限りはバックカタログから自由に好きなだけゲームを遊べるシステムを用意したのだ

ファンに批判を受け、いさぎよくポリシーを変更した任天堂。これからもより「非・任天堂」的な行動をとることを願いたい

以下、全文を読む

<この記事への反応>

・・に、任天堂が「任天堂」じゃないだと!?

Netflixみたいでイイね。何本遊べるかは分からんが

きちんと言えば伝わる。変化も起きる。俺たちはただ騒いでるだけじゃないんだよ!

これは嬉しい判断だが、ネット常時接続とかだけはやめてくれよ。飛行機の中でクラシックゲームしたいのにネット接続がないから無理とか普通にありそうだよな


つつつつ、遂にあの任天堂様が我々庶民の言う事を聞いてくださったぞおおおおお!!
やる夫 泣く 大型

って事で任天堂さん。マリオギャラクシー、PS4で出しません??
やる夫 はなほじり

お前馬鹿にしてるだろ
やる夫 やらない夫 クッパ キック スパーン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする