【すごすぎ】 二酸化炭素を使う発電機が開発! 発電所への導入も決まってるぞ!!


米で排出ガスを電気に変える計画が進行中 ベテラン技術者が追い求める夢 – ライブドアニュース

<記事によると>

石炭を燃料に発電する火力発電所では、大量の二酸化炭素(CO2)が排出される。このCO2を逃さずに、電力に変えようと化学エンジニアが計画している

一般的に、火力発電所では石炭や天然ガスなどの燃料を燃やし、そこで出た蒸気で蒸気タービンを回転させて電力を発生させる。その過程でCO2も排出される。

ところが、アラム・サイクルでは「蒸気」を使わない。排出された「二酸化炭素」そのものを使って、タービンを回すのである。加圧し、取り扱い可能な温度に熱した超臨界状態のCO2を再びタービンに戻して発電する、という”循環”を開発したのだ。

同技術は、ネットパワーが東芝とテキサス州ヒューストンで建設中の発電所で導入されることが決まっている。

以下、全文を読む

<この記事への反応>

火力発電の過程で生まれる二酸化炭素を減らす方法〜

一歩先を行かれたか・・・。


凄い技術だとは思うが,別にCO2が排出されるのは変わらん…よな?
単位排出量当たりの発電量が上がるんなら実用的な意味でも凄いだろうが。

アラムサイクルかー詳細不明だしちょっと調べてみるか。なんか超臨界状態までもっていくエネルギーでかなりロスしそう。高圧になると発電所のコストも跳ね上がりそうだ。

東芝もこちらに本腰入れてたらよかったのにね!


なんかすごいのきたぁああああああああ
a3

これって二酸化炭素がなくなるの??
閉じ込めてるだけじゃなくて???
まぁ、なんにせよ結果的にいい方向に進むんであればなんでもいいかねぇ
a2-2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする