『結婚』は“損”にしかならなくね?何か得になることでもあんの?


「結婚」は昨今の経済状況下では“損”か“得”か (ダイヤモンド・オンライン) – Yahoo!ニュース

<記事によると>

国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、2015年で「生涯未婚率」の対象になる日本人は、男性が23.37%、女性が14.06%にのぼった。5年前と比較すると、男性で3.37%、女性で3.45%増加しているとのこと。

生涯未婚率とは、満50歳までに一度も結婚しない人の比率だ。

経済的困窮が結婚を妨げているようにも思えるが、それは、必ずしも適切ではない。過去のデータを見ると、男性では1970年代から一貫して、女性も1980年代後半からずっと「生涯未婚率」は上昇を続けている。

とはいえ、女性側から見て「私を養ってくれる甲斐性のある男になかなか出会えない」という状況は進んでいるはずなので、強い経済要因があるかもしれないし、か弱き男性側にも女性側の心理を忖度することが遠慮につながっている可能性がある。

<中略>

経済的なロジックでは、「是非、結婚した方がいい」という積極的な理由が見いだせない。特に、「子どもは持たなくてもいい」と思う人が増える場合には、ますますその状況が顕在化するのではないか。

つまり、生涯未婚率の上昇は、合理的なのだろうし、今後も続くのではないかと予想される。

こう考えると、むしろ「結婚」の方が非合理的で、それは恋愛がこうじた一種の「バブル」の結果だと考える方が実態に合っているのかもしれない。結婚は恋愛のバブルだ。そして、恋愛感情がバブルの水準で永続することはなく、やがて、「生活の現実」がやって来る、というのが、多くの夫婦がたどる道筋だ。

以下、全文を読む

<この記事への反応>

結婚したら負けだと思ってる

ちゃんとしたお母さんになれない人とは絶対に結婚しない
これが正解、当たり前

↑ちゃんとした父親にもなれない奴が言うな

結局女だけにはメリット大の時代にそぐわないクソ制度

損得勘定しないで結婚するから不幸が生まれる
だがそれがいい

損得感情でしか考えられない奴は
結婚しても、独身でも
どっちに転んでも損をする

大損に決まってるだろが!
くそ幸せだがね。家族のためにひたすら働いてますよ

2人子供がいるが、楽しいよ。家族が増えると。
自分が死ぬときに、人生を振り返って楽しい思い出がいっぱいなかったらさみしいじゃん。


「子を生み、育てる。」
それは生き物に課された使命だお!
だからボクたちは損得勘定なんて抜きで愛に生きるべきなのだ!
結婚 損 得に関連した画像-03

すげぇ、さすがやる夫さんだ!
今の演説はぐっと来ましたよぉ!
結婚 損 得に関連した画像-04
 メタルギア・ソリッド2をやり込んだボクに死角はないのだ!

で、肝心の結婚する相手は・・・?
結婚 損 得に関連した画像-05

結婚 損 得に関連した画像-06

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする