【訃報】「ガンダム」などの編曲家・松山祐士さん、自宅の火災で死亡


アニメ「機動戦士ガンダム」など編曲 編曲家の松山祐士さんが死亡 東京・練馬で住宅火災 – 産経ニュース

7日午後4時35分ごろ、東京都練馬区関町南の木造2階建て住宅から出火、2階の一部約10平方メートルを焼いた。焼け跡から、この家に住む編曲家、松山祐士さん(79)=本名・松山茂=が救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。警視庁石神井署が出火原因を調べている。

松山さんは、人気アニメ「機動戦士ガンダム」や「アルプスの少女ハイジ」「家なき子」など、数々の作品で編曲を手がけたことで知られる。

以下、全文を読む

松山祐士 – Wikipedia
松山 祐士(まつやま ゆうし、1937年または1938年 – 2017年4月7日)は、日本の作曲家、編曲家。本名の松山茂名義を用いたこともある。
日本大学芸術学部音楽学科卒業。作曲を貴島清彦、林寛、渡辺岳夫に師事。世界名作劇場シリーズ、日本サンライズ自社制作のロボットアニメ『無敵超人ザンボット3』、『無敵鋼人ダイターン3』など、渡辺岳夫作曲による主題歌などを多数、編曲。『機動戦士ガンダム』などの劇伴には、松山が作曲したものも多い。

<この記事への反応>

「ザンボット3」「ダイターン3」と初期の富野作品の楽曲担当でしたね。「巨人の星」「フランダースの犬」「キャンディ・キャンディ」等有名作も。合掌。

思えば一番聞きこんだサントラはTVシリーズと映画の機動戦士ガンダムでした。ありがとうございました。そして、ご冥福をお祈りします。

ピアノを弾くなら一度は聞いたことがあると思います。膨大な数の編曲をしながら、なかなか表に出ない方なので、伝説の人と思っていました。ご冥福をお祈りします。

アルプスの少女ハイジも手掛けた人だったのか

驚いています。
心からご冥福を祈ります。


4月7日はガンダムの放送開始日、そんな日に亡くなってしまうとは…。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする