ヤマト運輸・ドライバー「もともと現場はひどかったけど、アマゾンを始めて以降、秩序がなくなった」、「アマゾンがなければ辞めなかった」

■過去記事
【ヤバイ】 ヤマト運輸が限界、無理すぎて宅配総量抑制へ
限界を迎えたヤマト運輸、一部の時間帯指定の配達をやめるなど脱ブラックへ

ユニクロだけじゃない 潜入記者が見たヤマト運輸物流崩壊 | ニコニコニュース 

<記事によると>

宅急便のセールスドライバーは、昼食時間を削って荷物を配り続けても、最後の時間指定の夜9時までに終わらない。サービス残業も日常化。ドライバーの募集をかけても、きつい仕事が敬遠され、思うように人手が集まらない

ヤマトの労働環境が急激に悪化したのは2013年、アマゾンの荷物を運ぶようになってからだ。

・ヤマトの現役のドライバーはこう話す
「もともと現場はひどかったけど、アマゾンを始めて以降、秩序がなくなった感じです。朝の荷物は100個から130個に増えました。しかし、最も大変なのは夕方の荷物が増えたこと。夕方はほとんどアマゾンの荷物。最後の時間が決まっているので、夕方の荷物が増えるのは本当にきつい」

・ヤマトを辞めた2人のベテラン・ドライバー
「アマゾンがなければ、辞めなかっただろう」

以下、全文を読む

<この記事への反応>

引き受けた結果仕事が激増、優秀な社員が逃げて減収とか踏んだり蹴ったりだな

ヤマトで手に負えないならどこも無理。Amazon自身がどこか数社買収して、独自の物流網を作るでもするしかない。どんだけカネと時間がかかるか分からんが。

便利さを求め過ぎた結果、社会システムの崩壊を招く。最近その流れを感じる・・・

契約だからなぁ。アマゾンを悪者にするのもどうかと思うが。


で、佐川が楽なのかというと佐川は佐川で個人ではなく店舗への配送がやたら多いうえに、配送先にまで追加荷物積んだ車乗り付けて積み替え積み替えで無限ループ。


アカン・・・ヤマトさんまじでアカンぞ・・・・
どうなってしまうんや・・・
ヤマト運輸 宅急便 ブラック Amazonに関連した画像-03

結果、女性のドライバーにはめっちゃ優しくしようと思いました
ジュースとかあげたら喜ぶかな?
ヤマト運輸 宅急便 ブラック Amazonに関連した画像-04
・・・・マジでやめろお前

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする