【慰安婦】 高須院長「韓国が頭を下げてくるまで無視し続けるべき」、「国際的な常識がまったく通じない」


高須克弥院長が少女像問題で韓国にあきれ「頭を下げてくるまで無視」 – ライブドアニュース 

<記事によると>

高須クリニックの高須克弥院長に、韓国の日本総領事館前に設置された慰安婦像問題について、怒りをぶちまけていただきました

──韓国釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像の問題ですが、韓国側の強硬姿勢は変わりません。

高須:本当にけしからん話だよ。そもそも、日本の政府と韓国の大統領でしっかり約束しているわけだ。日本が10億円を慰安婦支援団体に拠出して、それで慰安婦問題はおしまい、慰安婦像も撤去するって。普通の国なら合意を翻すことなんで絶対にありえない。それこそ宣戦布告のようなものだから。

──韓国の場合は、「国民情緒法」などと呼ばれていますが、法律よりも国民の世論を重視する傾向がありますね。

高須:法治国家としては、あまりにも未熟すぎる。何のための法律で、何のための政府かわかっていない。この状態が続くようなら、日本も韓国との付き合い方を見つめ直す必要があると思う。国際的な常識が、まったく通じないんだから。

<中略>

 そろそろ日本としてもガツンというべきときなのかもしれないね。まず、日本の軟弱な人々に、しっかりと愛国心を教育し直すべきだと思う。少なくとも今の状態がありえないものだということをもっと知るべきだし、おかしいことに対してはおかしいと言ったほうがいい。そして、合意を無視する韓国には毅然とした態度で対峙するべき。

 だから、長嶺大使の一時帰国や通貨スワップ交渉の中断といった対抗措置は、当然のこと。でも、そこに韓国が「遺憾の意」を表するっていうのは、さすがに呆れる。はっきり言って、もう交渉の余地もないのかな。韓国が頭を下げてくるまで、こっちのほうから無視し続けるべきなのかもね。

以下、全文を読む

<この記事への反応>

先生ごもっともです。


ほのぼのとしたええ話やな〜
ほんまは頭下げてきても無視がええと思いますけど〜


頭を下げてきても、もう国交は要らないんじゃない。
仏の顔って何度あるんだっけ?


高須先生、いいこと言うわぁ。もう,断交でいいよね。


さすが高須院長! おれたちにできない事を平然とやってのけるッ!
そこにシビれる!あこがれるゥ!
a120

ほんと言ってる通りだと思います!
a13

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする